北海道の道東地域のおすすめスポットについて

網走では流氷が見られる

網走市は鉄道が通っているほか、隣町に女満別空港があるため道東地域の中では特にアクセス環境の良い地域です。こちらは夏よりも冬に旅行に行くのに適した場所で、冬季は港から出ているクルーズ船に乗って本州で決して見る事が出来ない貴重な流氷を間近で見る事が出来ます。また、市街地付近の流氷関連の博物館では、「流氷の天使」といわれるクリオネが水槽内で飼育されていて気軽に見る事が可能です。

世界遺産に登録されている知床

北海道北東部の端に広がる知床は、2005年に地域全体が世界自然遺産に登録されました。こちらの地域にはほとんど住宅密集地がなく、広大な地域に手つかずの大自然が今でも残されているのが大きな特徴です。そして、山や森・海沿いに様々な野生動物や鳥が生息している事で知られ、エゾシカ・シマフクロウ・キタキツネなどを間近で見られる可能性があります。ただし、ヒグマに関しては冬眠前・冬眠明けといった熊が狂暴になる時期には遠くから望遠鏡で見る分には問題ないものの決して近づいてはなりません。

知床半島とは対照的な根室半島

知床半島南側に位置する根室半島は、知床半島とは違って半島内まで鉄道路線が通っており交通環境が良好です。この半島は全体が平地で構成されていて高い山がない点が特徴となっており、半島のどこをレンタカーで走っていても360度パノラマの景色を楽しめます。森もほとんどないため野生動物はほとんど生息されておらず、自身が野生動物が怖い場合または子供が動物を怖がるような場合にはおすすめの地域です。

北海道の旅行なら、絶景も人気スポットです。世界自然遺産もあれば、日本最北の不凍湖・世界的に珍しい三重式活火山など、今でも原始の自然が多く残ります。